フィッシング詐欺は、昨今さまざまな目的や手口で犯行が行われ進化しています。

フィッシング詐欺の目的と手口

個人情報をロックする

最近「フィッシング詐欺」という詐欺の手口が頻発しています。
フィッシング詐欺とは、実在する企業やサービスの名前をかたって、個人情報を不正に盗み取る犯罪行為です。
フィッシング詐欺の目的と手口を通じて、その恐ろしさについてご紹介いたします。

フィッシング詐欺の目的

フィッシング詐欺の目的は、クレジットカード番号やオンラインバンキングのIDやパスワードなどの個人情報を盗み出して、クレジットカードで不正に商品を購入したり、銀行口座からお金をだまし取ったりすることにあります。
また、ゲーム内のアイテムを転売する目的でオンラインゲームのユーザー情報を盗み出し、不正にアクセスするという新たなケースも増えています。

 

最近では詐欺の目的も多様化し、その手口も取り締まる側が後手に回されるほどに悪質かつ巧妙に進化しているのです。

 

フィッシング詐欺の手口とはどんなもの?

パソコンから手が出てくる

フィッシング詐欺の代表的な手口としては、銀行やクレジットカード会社を装った電子メールを送りつけて、登録情報の確認などの名目でIDやパスワード、口座番号やクレジットカード番号などの個人情報をだまし取るケースです。
また、メールにURLを記載して本物そっくりに作った偽のWebサイトに誘導し、暗証番号などを入力させる手口も良く知られています。
こうした詐欺行為に利用されるメールやサイトのことを、それぞれフィッシングメールフィッシングサイトと呼んだりします。

最近多いコンピュータウイルスによる被害

実にさまざまな手口でフィッシング詐欺が行われておりますが、特に最近多いのがコンピュータウイルスを使ったフィッシングです。
金融機関などを装い、ターゲットに悪意あるウイルスの入った添付ファイルをメールで送信するもので、代表的な例としては、このファイルを開くと暗証番号などの入力を求める画面が表示され、指示通り情報を入力すると悪意ある第三者に入力情報が漏れてしまうというケースです。
表示画面や添付ファイルには、実在する金融機関のロゴマーク(にそっくりなもの)が使われているため、一般の人は不審に思うことなくクリックしてしまうのです。

 

さらに巧妙化する悪質な手口

パソコンで悪質な犯罪を行う

これまでは、銀行やクレジットカード会社をかたった手口が主流でした。
ですが、最近ではさらに悪質で巧妙に進化した手口のフィッシング詐欺が発生しており、ツイッターやFacebookといったSNS、オンラインゲームをかたったフィッシングサイトも確認されるようになりました。
SNSを悪用した手口では、アカウント情報をだまし取り所有者になりすました犯罪者が、メッセージの送信や書き込みをして、お友達をフィッシング詐欺の被害に巻き込みます。
また、オンラインゲームやアバターを利用した交流サービスなどでは、アカウントが保有しているゲーム内のアイテムがだまし取られ、転売されることもあるそうです。

 

フィッシング詐欺に対しては、不正アクセスの禁止等に関する法律によって、不正に入手したIDやパスワードなどの個人情報を悪用して本人になりすます行為や、偽サイトを開設して情報を詐取したり、フィッシングメールを送ったりする行為を取り締まっています。
また、金融機関やSNSの運営会社、オンラインゲーム会社では、セキュリティの強化に努めフィッシング詐欺被害の防止に尽力しています。
しかしながら、犯罪者はセキュリティの盲点を見つけ、さらに悪質で巧妙な詐欺の手口を開発しており、イタチごっこの様相を呈していると言われています。

 

いつどこで自分が被害に巻き込まれるかわからないのがフィッシング詐欺の怖さです。
日頃から注意を怠らず気を配り、被害に遭わないようにしましょう!

 

参考記事:フィッシング詐欺の効果的な対策

ページの先頭へ戻る