対策意識を強く持つことが、フィッシング詐欺の被害を防ぐ最善の方法です。

キーボードを打つ手

インターネットやメールを利用しているのあれば、いつ「フィッシング詐欺」の被害に遭ってしまってもおかしくありません。
ネットサーフィンをしている時にアンチウイルスソフトが反応したり、メールの迷惑フォルダーに怪しいメールが溜まっていたりしませんか?

 

フィッシング詐欺とは、実在する企業やサービスの名前をかたって、電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のWEBサイトに誘導したりする方法で、クレジットカード番号やオンラインバンキングのID、パスワードなどの重要な個人情報を盗み出して、クレジットカードで不正に商品を購入したり、銀行口座からお金をだまし取ったりする犯罪行為です。

 

フィッシング詐欺の手口としては、電子メールをもっともらしい内容や緊急を装うものにするだけでなく、接続先の偽のWEBサイトを実在する金融機関や著名な大企業のものとほとんど区別がつかないようにしておくなど、その手口が悪質かつ巧妙になってきており、一般の人がフィッシング詐欺とはわからないケースが増えているそうです。

 

こちらでは、フィッシング詐欺の対策についてご説明してまいりましょう。

 

効果的なフィッシング詐欺対策とは?

アルファベットが並んだ画面と鍵のイラスト

金融機関のWebサイトで、IDやパスワードなどを入力する専用ページにアクセスする場合、金融機関から知らされているURLをWEBブラウザに直接入力するか、普段利用しているWEBブラウザのブックマークに金融機関の正しいURLをあらかじめ記録しておき、毎回そこからアクセスするようにするなど、常に正しい本物のWebページにアクセスすることを心がけるようにしましょう。

 

また、本物のWEBサイトのドメイン名やURLを常に意識して、正しいWebサイトにアクセスしているかを確認したり、アクセス先のサーバ証明書の内容を確認したりといった対応を心がけることも大切ですね。

 

「SSL」で通信されているかを必ず確認する

通常、インターネットバンキングへのログインやクレジットカード番号などの重要な情報の入力画面では、「SSL」という暗号化技術が利用されています。
銀行口座の番号やクレジットカード情報など重要な情報を入力する専用ページでは、SSLが採用されているかを毎回確認するようにしましょう。
SSLで通信が行われていることは、WEBブラウザのURL表示部分や運営する組織名が緑色の表示になっていたり、鍵マークが表示されていたりしますので容易に確認ができます。

 

重要な情報を入力するページにもかかわらずSSLが使用されていない場合には、フィッシング詐欺の可能性があります。
この場合は入力操作を止めて、取引の相手先に確認するという対応が必要です。

 

また、金融機関などの名前で送信されてきた電子メールなのに、通常と異なる手順を要求された場合には、その内容をそのまま受け入れず、正しい手順を金融機関に確認するように心がけましょう。

 

不審なメールへの対応

不審なメールが届いた場合、メールの送信元の会社に連絡をして確認することを習慣にしておくことも大事です。
電子メールに記載されている相手先の情報が正しいとは限りませんし、不用意にメールを返したことでメール情報が悪用されることもよくあります。
必ず正規のWebサイトや金融機関からの郵便物、面識がある人の名刺などで信頼できる連絡先を確認するようにしましょう。

 

自分の身は自分で守るという意識を強く持つことが、フィッシング詐欺の被害に遭わない最善の対策になるのです!

ページの先頭へ戻る