クレジットカードの情報を盗む「スキミング」は、被害の発覚が難しい悪質な犯罪です。

大量のクレジットカード

「スキミング」とは、クレジットカードの情報を盗み取り、まったく同じ偽造カードを作って不正利用する犯罪のことです。
スキミングでは「スキマー」と呼ばれる装置を使い、磁気ストライプに書き込まれている情報を読み取ります。
クレジットカードそのものが盗まれる訳ではないため、カードも普段どおり手元にあり、被害にあっても気付きにくいという特徴があります。
請求書が届いた時にはじめて被害に遭ったことを知るという、極めて悪質な犯罪行為です。

 

スキミングの手口ってどんなもの?

スキミングの手口としては、かつては空き巣に入ってクレジットカードの情報を盗み取る方法もあったようですが、最近ではクレジットカード取扱店の端末に細工をして、スキマーを仕掛ける方法が多くなっています。
特に、海外の治安の悪い地域では、店主や店員自身が主犯となってスキミングを行うこともあるそうです。
こうした被害に遭わないようにするためには、あらかじめその手口をしっかりと理解して、常に用心を怠らないことが大切です。

 

スキミングには保険は適用されるの?

現金とクレジットカード

では、実際にスキミングの被害に遭った場合、クレジットカードに付帯されている保険は適用されるでしょうか。
基本的には、クレジットカードの保険が適用され、盗難やスキミングなどの被害は救済されます。
ただし、クレジットカードを他人に利用させたり、暗証番号が簡単に推測されやすい番号だったりなど利用者側に明らかな過失があるとされると、補償されないこともありますので十分注意してください。

 

有効なスキミング対策

では、スキミングの被害を受けないためにはどんな対策を講じればよいでしょうか。
これまでのクレジットカードでは、重要な情報は磁気ストライプに記録されていましたが、ICカードタイプであればカードに埋め込まれたICチップに情報が記録されるため、スキミングが難しくなります。
ICカードタイプのクレジットカードの場合、PINコード(暗証番号)とセットで決済されるため、暗証番号が流出しなければ安心です。
このように、ICカードタイプにするだけでも有効なスキミング対策になります。

 

また、暗証番号の取扱いについても十分配慮しましょう。
1234といった単純な数字の並びや誕生日、自動車のナンバーや電話番号など簡単に推測されやすい番号を利用するのは厳禁です。
推測されやすい暗証番号が設定されていた場合、不正利用の被害に遭っても前述のとおり保険が適用されなくなってしまうこともあり得るのです。
クレジットカードの暗証番号を入力するときは、他人に見られないように注意することも大切ですね。

 

被害に遭った場合に行うこと

クレジットカードを差し出す手

もしもクレジットカードの不正利用の被害に遭ってしまった場合、どうすればよいでしょうか?
スキミングとは、クレジットカードの不正利用による犯罪のなかでも、被害にあったことに気がつきにくく、発覚した時には被害が甚大になっている可能性がある危険な犯罪行為です。
ですから不正利用の被害に遭った場合は、できるだけ早くクレジットカード会社や金融機関に連絡をしましょう。
カードに盗難保険がついていた場合でも、保険適用の期間に制限があることもありますので早急な対応が必要です。

 

クレジットカードの利用においては、自分の身は自分で守るという意識を強く持って、カードを店員に渡した時は、不審な行動をしていないかを確認しましょう。
また、パスワードを入力する時は誰かに見られていないか注意するなど、決して油断を見せないことが、最善の予防策になるのです!

ページの先頭へ戻る